よいwebデザインとは。初心者WEBデザイナーに聞いてほしいWEBデザインの基本

今回は「良いWEBデザインとは」というテーマで語ってみたいと思います。

わたしはWEBデザイン歴10年を超えるキャリアを持っています。これからWEBデザインを勉強する人たちや、WEBデザインの基礎や知識を学んだけど、これ以上どうやってレベルアップしていくか悩まれている初心者WEBデザイナーたちに向けて「良いWEBデザイン」とはどういったものなのかを伝えていければと思います。

わたしの経験や知識が少しでも役立てれば幸いです。

 

それでは早速ご紹介いたします。

 

WEBデザインの定義

WEBデザインの定義って難しいですよね。

「よいwebデザイン」の定義は人によって解釈があると思いますが、多くの人が格好良いデザイン、可愛いデザインなどを思い浮かべると思います。総じて見栄えが良いwebデザインが「よいwebデザイン」としてとらえられることが多いです。

やっぱり自分のホームページ、自社のホームページを持つとなるとイケてるWEBデザインが良いですよね。わたしもクライアントの立場を考えると格好良いWEBデザインを作ってあげたくなります。格好良いWEBデザインは見ていて気持ちが良いものですからね。

 

参考までにいままで仕事の依頼を受けてきたクライアントから求められたデザイン案をご紹介します。

実際にわたしが担当したクライアントからは新規ホームページ作成やホームページリニューアルでは以下のような感じで求められました。

総じて感じることは「格好良いホームページが欲しい」ってことですね。

クライアントの考えていることも理解できます。どうせホームページを作るのであれば格好良いwebデザインにしてほしいという願いは十分に理解できます。

自分のホームページを作るということは手間もかかりますし、わたしのようなホームページ制作にかかわる人に外注として依頼を出せばお金もかかります。もちろん製作費を抑えれば安くすることもできますが、一般的にはそれなりの金額がかかりますので、どうせなら格好良いホームページが欲しいと考えるのでしょう。

 

うるせぇバーカ

でも違うんですよ。

格好良くて見栄えが良いwebデザインが、良いホームページとは限らないんですよね。

 

 

 

良いwebデザインは伝えたい事が相手に伝わること

相手に伝えることが大事わたしが思う良いデザインって「相手に伝えることができる」ってことだと思います。相手に何も伝わらなければどんなに格好良いデザインでも意味がないんですよね。目的の情報をわかりやすく伝えることが何よりも大事だと思います。

初心者WEBデザイナーは自分が格好良いと思うホームページを作って自己満足しがちなんですが、本当に意味があるホームページは「訪問者にとってわかりやすい」っていうのが最も重要なんですよね。

奇抜なデザインをしすぎて目的の情報までたどり着けないんじゃストレスでしかないですよね。

 

「伝える」手段の例。

伝える手段の例

一昔前までは文字情報だけで伝えることが主だったけど、今ではインターネット速度や技術の向上によっていろんな手段によって伝えれることができるようになりました。

 

なので派手さが目立つ動画で伝えたいという人も増えてきましたが、文字情報だけで相手に伝えることができるのであれば文章だけでデザインしても良いんですよね。でも文章だけじゃわかりづらいということであれば画像を用いて伝えたり、グラフや表などを使って視覚的に伝えていくのがデザインです。

どんなに格好良いWEBデザインだったとしても相手に何も伝わらなければそのホームページに価値はありません。むしろどんなに格好悪くても伝えたい相手にしっかりと伝えることができているホームページこそが良いホームページと言えるでしょう。

うまく伝わらなかったり、誤解を招いたりすることは良いWEBデザインとは言えないんですよね。

 

なのでwebデザインをするときは、この「伝える」ということが何よりも大事だということを頭に入れてホームページを作っていきます。そういった意味では奇抜なデザインよりもある程度フォーマット化したWEBデザインのほうがユーザーも情報が探しやすくて良いWEBサイトになると思います。

クライアントの要望に応えて見栄えが良くて格好良いホームページを作るだけじゃ一流webデザイナーを名乗ることはできないのです。あくまでユーザーが使いやすいWEBサイトが1番大事なんですよね。

 

誰に伝えるかが大事!ターゲットを絞りましょう

ターゲット層を決めることが大事

良いWEBデザインの定義をユーザーが求めている情報を正確に伝えるとした場合、最初に考えるべきことは「誰に」伝えるかを決めなければなりません。

ターゲット層を絞るということですね。

 

  • 年齢層は高いのか低いのか
  • 男なのか女なのか
  • 一般消費者向けなのか企業向けなのか
  • 一般消費者向けならファミリー層か独身層か
  • 何をしている人に向けてメッセージを打つのか
  • どんな人がお客様になりえるのか

っていうことを考えないとWEBデザインをすることはできません。ターゲット層が女性であれば「きれい」や「かわいい」を取り入れたほうが良い場合もあるし、企業向け案件なら少し真面目な雰囲気のが信頼度も上がるだろうし、逆に一般消費者向けなら親しみやすいデザインにしたりとする必要があるからです。遊び心なんかもあるといいかもしれませんね。

ターゲット層によってデザインって大きく変わってきます。

 

おそらくクライアントは「多くの人に見てもらいたい」っていう願望はあると思います。せっかくホームページを作るのだからたくさんの人に見てもらいという気持ちは理解できます。

でもそれって上手くいかないパターンなんですよね。

 

ターゲット層を絞ればより的確に言葉が刺さる

ターゲット層を絞るということはターゲット層以外の人はある程度切り捨てることになりますが、ターゲット層を絞って情報を発信するほうがより深く情報を伝えることができます。欲を出してターゲット層を広げすぎてしまうと当たり障りのない内容の薄いホームページが出来上がってしまいます。

イケてるWEBデザインを作るためにはターゲット層を絞るということは大事なことです。ターゲット層を絞っていけばなんとなく頭の中でWEBデザインがイメージできてくるのではないかと思います。

 

もしターゲット層を絞ることができなければライバル他社のホームページを見てみるのも良いかもしれませんね。WEBデザイナー視点でライバル他社のホームページを見ると大体のターゲット層を推測することができます。なので同業他社と同じようなターゲット層を設定しても良いですし、少し異なる視点から攻めても面白いかもしれませんね。

 

 

 

使いやすいWEBサイトを作るべき

ユーザーが求めているWEBデザインを作る

人は何か目的があってホームページに訪れます。意味もなくホームページに来ることは絶対にありません。そんな人はたとえ訪問したとしてもすぐに離脱してしまうでしょう。

なので、どんなユーザーがどんな理由でホームページに訪れるのかをあらかじめ想定してwebデザインする必要があります。訪問してくるユーザーを想定すれば必要なwebコンテンツも準備することができます。知りたい情報を伝えることが良いWEBデザインです。

 

必要な情報を求めてホームページに訪れたのに、必要な情報がどこにあるか分からなければユーザーは簡単に離脱していきます。必要な情報を求めてホームページの隅々まで見るということはしません。ユーザーにとって必要な情報は「あなたのホームページ」じゃなくて、「ほかの誰かが運営しているホームページ」で情報を探しちゃいます。

なので必要な情報を必要な人に届けれるようにサイト設計し、デザインすることがユーザーにとって最も洗練されたホームページではないでしょうか。ホームページとはそのようにデザインしていくべきだと私は思います。

 

イケてるWEBデザインを作れなかったときに試したいこと

ユーザーが求めているWEBデザインを作る

WEBデザインを作っていくと変な感じに出来てしまったり、自分が納得できないモノが出来上がったりすることもあると思います。(わたしは結構あります)

そんな時に試してみたい方法を紹介しますね。

 

でも自分じゃイケてるWEBデザインなんてできないよ

 

 

自分にはイケてるWEBデザインを作ることができないとあきらめている人もいると思います。わたしも初心者WEBデザイナーのときや悩んでいました。わたしよりももっともっと上手なWEBデザイナーがいるので太刀打ちできないと何度WEBデザイナーを引退しようか悩んでいたんですよね。

 

 

でも大丈夫。

きっと出来ます

今はできなくてもいつかはできるようになります。

最初から100点のデザインができるWEBデザイナーはいません。少しずつ努力して勉強して経験を積み重ねることによって過去よりも優れた作品を生み出し続けることができるのです。

なので大丈夫。

今は無理でも次はもっと良いものが作れるようになりますよ。

 

イケてるWEBデザインを作るために

イケてるWEBデザインを作るためにはセンスや才能だけに任せるのではなく勉強することが一番です。どうやって勉強していくかは難しいところがありますが、わたしがWEBデザインのレベルアップするために効果があった勉強法を紹介させていただきますね。

これはわたし自身に限らず結果を出すためには必要なことだと思いますので是非参考にしてみてください。

 

 

イケてるWEBデザインを模写してみる

イケてるWEBデザインを模写してみる

初心者が上達するにはプロの仕事を真似するのが一番です。これはWEBデザインに限らず、スポーツや音楽などもまずは真似から始めてみることで上達していきます。どんなにすごい人でも最初はマネすることからスタートしています。

WEBデザインに限って言えば自分が上手だと思うWEBデザインを真似てみることから始めましょう。

 

全く同じ画像素材などは無理ですが、似たイメージの画像などはフリー素材サイトなどでも入手することができます。画像の配置や並べ方など参考に出来るトコロも多いのではないでしょうか。

 

1回目は限りなく似せて作る、

2回目はオリジナルを見ずに思い出しながら作ってみる、

3回目は自分なりの改善案を取り入れながら作ってみる。

 

そんな感じで作っていけば確実にレベルアップしていけるはずです。遠回りに見えるかもしれませんが大事なことです。先駆者の素晴らしい技術やデザインを見て盗んで自分のモノにしちゃいましょう。

 

今のデザインを捨てて新しく作ってみよう

今までのWEBデザインを捨ててみる

クライアントからダメ出しをもらった時や自分が納得できない時には、WEBデザインを作り直してみることも一つの方法です。1から作り直すことでより良いものができることが多くあります。

もう少しでWEBデザインが完成なのにそんなことできねーよ!って思う方もいると思いますが、一度作ったWEBデザインのリメイクなので今のWEBデザインにかけた時間よりも圧倒的に早く仕上げることができますよ。

そう、photoshopやIllustratorでクラッシュして今まで苦労して作ったWEBデザインが保存されずに消えてしまった!仕方ないから作り直したら案外早くできて前回よりも良い感じに出来た!そんな感じです。

 

で、最初のWEBデザインと作り直したデザインの2パターンを持ってクライアントに見せてみましょう。そうするとクライアントは2パターンから選べるので「自分のために多くの時間を使ってくれた」と感謝しますし、2パターンから自分で選んだという満足感も上がるでしょう。

そして何より2パターンを見比べることによって改善案や要望が出てくるので修正が楽なんですよね。

 

自分が納得できないWEBデザインを中途半端に修正を繰り返すほうがよっぽど時間を取られるし無駄な時間になることもあります。デザインに行き詰まったら試してみてほしい手法の1つです。

 

一度作ったWEBデザインから無駄を省いてみる

無駄を省いてみる

デザイン案が8割程度完成したときや、全部完成したときに一度休憩してから自分のデザインを見直してみましょう。少し時間をおいて見直すことによって無駄や蛇足に気づくことがあります。

クライアントからは「ここを強調してくれ!」「ここを目立たせてくれ!」なんて要望がありますが、基本的にはシンプルなデザインのほうが美しいWEBデザインになることが多いです。

無駄を省くことによって洗練されたWEBデザインに近づけることができます。シンプルとチープは表裏一体と言われますが、シンプルながらに美しいWEBデザインを作り上げるのはプロの腕の見せ所です。頑張りましょう。

 

デザインは引き算である

デザインについて語られるときに言われる言葉ですが、不必要なものを捨て去ったデザインはやっぱり美しいです。ごちゃごちゃしたデザインよりもシンプルなほうが美しいですよね。

シンプルなWEBサイトの例

無駄を省いたシンプルな美しいWEBデザインと言えばAppleが有名ですね。シンプルなので見やすいです。今でも多くのWEBデザインの参考にされるサイトなので最先端のWEBデザインのトレンドを知りたいときなんかも見たりします。

イケてるwebデザインはセンスが必要なのか?

デザインってセンスが必要なの?

多くの初心者WEBデザイナーが感じる疑問の1つに、デザインってセンスが必要なの?っていうのがあります。自分にセンスや才能がないと感じたときにWEBデザイナーとしてやっていけるかという不安もあるかと思います。

いいえ、必要ありません

わたしはセンスは必要ないと思います。

 

センスって結局、知識と経験なんです

WEBデザインをする場合にはセンスが必要なのか?という疑問がわくと思いますが、わたし自身はwebデザインにはセンスは必要ないかと思います。

結局のころ、センスって知識や経験がモノを言うんですよね。

 

センスがあるからイケてるwebデザインを作ることができる、センスがないからデザインすることはできないというわけではありません。デザインなんて知識と経験があればだれでも身に付きます。WEBデザインの「知識」はインターネットで無料で手に入りますし、効率を求めれば参考書からも得ることができます。

「経験」はとにかくWEBサイトを作りまくっていけば身に付きます。

 

今までにない新しい技術や斬新な発想などは一部の限られたセンスのある人間だけができることかもしれませんが、その分野に関して勉強して知識を身に着けることによって革新的なことはできなくても誰もが見やすいWEBデザインを作ることだって可能だし、価値のあるホームページを作ることだって可能なんですよね。

なので、「自分にはセンスがないからwebデザインなんてできない」って諦めるのではなく、もっともっと勉強すればできるようになると思いますよ!

 

何度も言いますけど、ユーザーにとって使いやすいWEBサイトを何よりも優先すべきことですからね。クライアントの要望にこたえつつ、ユーザーが使いやすいに設計構築するのがWEBデザイナーの仕事だと思いますよ。センスはこれから磨けばいいのです。

 

WEBデザイナーはHTMLコーディングは勉強しておくべき

WEBデザイナーはHTMLコーディングは勉強しておくべき

わたしはWEBデザインもして自分でHTMLコーディングをするのですが、たまに「自分はWEBデザインしかしません」みたいな人がいる。特に紙媒体で活躍していたグラフィックデザイナーやDTPデザイナーなんかは多いです。

グラフィックデザイナーがWEBデザインをすると「それっぽいWEBデザイン」ができるのですが、HTMLが自分で出来ないのでHTMLで表現できないことを平気でデザインしたり、追加や更新していくコンテンツを考えてなかったり、ユーザーのことを考えてない自己満足なデザインをしている人が多いように感じます。

WEBデザイナーがWEBデザインしかしないというのは普通なことなのかもしれないが、わたしはやっぱり自分でHTMLコーディングできたほうが良いと思います。HTMLだけじゃなくCSSやjavascript、phpなどを知っておくべきです。

WEBデザイナーを名乗るならWEBに関することをある程度できるようになっていることが大切です。

 

もちろんHTMLコーディングを勉強すればデザインの幅が狭まってしまう人もいると思います。HTMLコーディングのときに面倒だからこの無難なデザインにしちゃおうという人もいるかと思います。でもそれはデザイン技術を上げていけば解決するし、HTMLやCSSを勉強していけば解決できる問題です。

 

なにより自分でWEBデザインもして、自分でHTMLコーディングもしてしまえば仕事の単価も上がりますからね!ぶっちゃけWEBデザイナーの年収って高くないんですよね。HTMLコーダーはもっと低いです。でも自分でWEBデザインして自分でHTMLコーディングして納品できれば仕事単価も上がるし、仕事の幅も広がります。なにより他のWEBデザイナーと差別化もできるのでお勧めです。

 

良いWEBデザインを作るためには

良いWEBデザインってどうやって作るの?

 

たくさんのWEBデザインを作ることしかありません

 

良いWEBデザインを作る方法って実はあんまり多くないんですよね。数をこなすしかありません。1つしかWEBデザインを作ったことがない素人と、年間100個のWEBデザインを作る人は、明らかに後者のほうが良いWEBデザインを作り上げることができます。

経験値が違いますからね。

 

こんな偉そうなことを書いていますが、わたしもWEBデザインを極めたわけではありません。日々勉強して改善を繰り返しスキルアップに励む毎日です。常に向上心を持って、自分が前回作ったWEBデザインよりももっと良いものを作ることを心がけています。

常にデザインに気を抜かないことがより良いものを作っていく唯一の方法だと思います。

 

WEBデザイナーを目指す人や初心者WEBデザイナーに向けて記事を書いてみたけどいかがでしたでしょうか。この記事があなたの何かの参考になれば嬉しいですね。

 

独学でWEBデザインを学んでいく方法もありますが、可能であれば先輩WEBデザイナーとかにいろいろと聞いてみると早くレベルアップできると思いますよ。先輩WEBデザイナーは多くのWEBサイトを作ってきたという「経験」があるので、より深いアドバイスをもらえるはずです。

  • こういったときはこうすれば良い
  • フォントがイメージにあってない
  • 文字が見にくい
  • 色の組み合わせの方法

など、経験値からくる答えを持っているので是非参考にするべきです。

そうして少しずつでもレベルアップしていけばきっとイケてるWEBデザインを作れるようになるはずです。一日でも早くイケてるWEBデザインを作れるように頑張っていきましょう!

 

まとめ

良いWEBデザインを作るためにはいろいろと覚えないことが多いですよね。WEBデザインを10年以上のキャリアを持っていても毎日覚えることがいっぱいです。勉強に終わりがないです。まぁそれが楽しいんですけどね。

初心者WEBデザイナーを卒業するには多くのWEBデザインを作ることが一番の近道だと思うので頑張ってみてくださいね。

 

トカッチでした

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP