SEO

【2020年最新】SEOキーワードを含めたブログタイトルの決め方

SEO対策、タイトルタグの効果的なつけ方
シオリ(嫁)
シオリ(嫁)
タイトルタグはSEO対策の基本だよね
トカッチ(夫)
トカッチ(夫)
そう! 基本かつ最も重要といっても過言ではないね!

 

こんにちは、フリーランスWEBディレクターの夫婦ブロガートカッチです。

 

Google検索エンジンで検索したときに上位表示されるページってSEO対策されたホームページが多いんですよね。上位表示されれば多くのアクセスを期待できるのでぜひとも狙っていきたいんですが、なんせGoogleが検索エンジンに上位表示させる方法を開示してないのでどうすれば上位表示するのかって誰にも分らないんですよね。

 

なのでSEO対策に有効な手法っていうのはすべて「こうしたらよいだろう」「こうしたらいいと思う」っていう推測なんです。

 

上位表示するための項目は100以上あるといわれており、SEO対策って何をしたら良いのかわからないっていう意見が多いんですが、最も重要と言われているのがタイトルタグなんです。

なのでタイトルタグを見直すことによってSEO対策の基本的なことはできると思います。実際にSEO対策会社にSEO対策を依頼すると、必ず1番最初にタイトルタグの見直しからスタートします。

SEO対策を専門にしている業者がタイトルタグを最重要していることからもタイトルタグってすごく重要だと言えると思います。実際にアクセス数を集めているブログってタイトルタグが上手なところが多い傾向があります。

 

ってことで今回はブログ記事のタイトルの決め方を紹介したいと思います。

アクセス数増加を狙いたい人はSEO対策の参考にしてみてくださいね!

 

titleタグとは?

titleタグとはホームページ1つ1つに設定できるタグです。主にページの内容を伝えるために使われます。

HTMLではheadタグの中にtitleタグを記入します。

 

 

titleタグを入力すると、

ブラウザのタブにtitleタグに入力したタイトルがブラウザのタブに表示されたり、

 

検索結果に表示されるようになります。

 

シオリ(嫁)
シオリ(嫁)
わたしたちが普段見ているのはtitleタグに入力されているものを見ていたんだね
トカッチ(夫)
トカッチ(夫)
普段目にする箇所なので重要なんだよね

 

そもそもHTMLにおけるタイトルとは

タイトルタグとはwebページの内容を端的に表したものだと定義できると思います。webページに画像や動画、テキスト情報などを埋め込むことができますが、そのすべてを端的に表すとどんなページなのかを表現するために使用するものです。

なので30文字程度でwebページの内容を伝える必要があるんですよね。

 

webページの内容を端的に伝えるタイトルは検索結果にも表示されるので人がクリックする判断材料にも使われます。なので人が見たくなるタイトルにするのが大事で、かつ検索エンジンからも評価されるタイトルをつけることがベストです。

 

どんなタイトルをつけるのが良いのか考えてみる

タイトルはwebページで最も重要なSEO対策だと言えるので、気合を入れて考えなくてはいけない項目です。どんなに良いページを作ったとしてもタイトルタグが適切ではないと検索結果に上位表示されることはありませんのでアクセスを集めることが難しくなります。

 

  • 人間が見てクリックしたいと思うタイトル
  • 検索エンジンロボットからみて評価が高いタイトル

 

この2つは似ているようで違うものです。どちらか一方だけが良くてもアクセスを集めることができません。どちらも良い感じに評価してもらえるように考える必要があるんです。

トカッチ(夫)
トカッチ(夫)
難しいですよね。

 

検索エンジンからの評価が高いタイトル

なのでSEO対策としては基本的に検索エンジンロボットが評価してくれるタイトルに寄せるほうが検索結果上位表示されるので合わせるべきです。

具体的には、

  • キーワードをタイトルタグに含める
  • ページの内容に適したタイトルにする

だけ。

 

必ずこの2つを意識してタイトルをつけるようにしましょう。

 

キーワードをタイトルタグに含める

タイトルはページの内容を端的に表したものなので、タイトルタグには検索上位させたいキーワードをタイトルタグに入れるようにしましょう。

  • 「SEO」の紹介ページを作ったならば、タイトルタグに「SEO」のキーワードを入れる
  • 「wordpress」の紹介ページは、タイトルタグに「wordpess」のキーワードを入れる

みたいな感じで何のページなのかを端的に表現するようにしてください。

ページの内容に適したタイトルにする

タイトルはページの内容を端的に表したものなので、ページの内容と関係ないキーワードをタイトルに入れても意味がありません。むしろマイナス評価を受けてしまうこともあります。

ラーメン屋の紹介ページなのに、タイトルに関係ない「転職」や「不動産」とか入るとおかしいですよね。該当のwebページに一度も使われてないキーワードをタイトルに入れるのはやめましょう。どう考えても不自然です。

検索エンジンからのアクセスを増やしたいとしてもアクセスは見込めないのでやめるべきですね。

 

人が見てクリックしたくなるタイトル

先ほどは検索エンジンロボットが評価するページタイトルの紹介をしましたが、今回は人が見てクリックしたくなるタイトルもご紹介させていただきます。

 

タイトルタグは、

のように検索結果に表示させる大事な部分です。なので検索してくれたユーザーが思わずクリックしたくなるタイトルにするようにしましょう。

じゃないとSEOが成功して狙ったキーワードで上位表示できたとしてもクリックされないかなしい結果になっちゃいます。ページの内容には自信あっても見られないと意味がありません。そんなの嫌ですよね。

 

人が思わずクリックしたくなるタイトルとしては

  • タイトルタグは30文字程度に抑えよう。
  • キーワードの位置はできるだけ左側に持ってこよう
  • 記号を入れてみる
  • 数字を使ってみる
  • 煽り文章も使ってみる

を意識して使ってみるといいと思います。

 

1つずつ具体的に見ていきましょう。

 

 

タイトルタグは30文字程度に抑えよう

上記画面は「SEO」と検索したときの表示結果です。

検索上位は基本的に30文字程度で端的に表現していますね。なぜ30文字程度にしているかというと30文字を超えるとタイトルが「・・・」みたいな感じで省略されるんですよね。なので省略されない適切なタイトルがベストとされています。

省略されているタイトルよりも、全文が表示されているタイトルのほうがクリックしやすいという意味です。

 

が、

 

  • 絶対に30文字以内じゃないといけない
  • 「・・・」と省略されてはいけない

というわけではありません。省略されたとしてもGoogle検索エンジンロボットは省略したタイトルも評価してくれます。ので、30文字程度に頑張っておさめよう!ぐらいの気持ちで最適なタイトルをつけるのが良いかもしれません。

SEO評論家からも「30文字程度が良い」「30文字を超えても良い」っていう意見が分かれています。どちらが良いのかはページの内容やタイトルの文章次第なところもありますので、一度タイトルを設定して検索順位が低かったならばタイトルを長くしてみるっていうのもありかもしれません。

 

トカッチ(夫)
トカッチ(夫)
わたしはブログ記事を書くときは最初に30文字程度でタイトルをつけるようにしています。

参考までに。

 

キーワードの位置はできるだけ左側に持ってこよう

SEOキーワードは可能な限り左側に書いたほうが良いと言われています。

これは訪問者が検索結果のタイトルを見るときに左側から読むことから、できるだけ前方にキーワードを持ってくることによってページの内容を早く正確にユーザーに伝えることができるためです。

 

なのでSEOキーワードを前方に持ってい来るというのは検索ロボットが評価してくれる検索基準ではなく、ユーザーにとってわかりやすくてクリックしてくれやすいという意味でSEOキーワードを前方に持ってくるようにしましょう。

トカッチ(夫)
トカッチ(夫)
後方にキーワードを入れると「・・・」と省略されてしまいますしね

 

30文字以上後ろにキーワードを持ってくると省略されてしまう場合もあります。そういった意味でもなるべく前方にキーワードを持ってくるというのが良いかもしれません。

 

 

記号を入れてみる

タイトルは文字情報だけじゃなく記号も使うと少し目立つので印象に残りやすいのでクリックされる可能性が少しだけ上がると言われています。

「!」や「?」などを使われている方が多いですね。ほかにも【】などの記号で囲むと目に留まりやすいですね。タイトルは30文字以内が良いとされているので、限りある文字数制限の中でどれだけ記号を入れれるかが重要となってきます。

トカッチ(夫)
トカッチ(夫)
無理に使う必要はありません。でも記号を入れたほうが少し有利になるかもという話です。

 

数字を入れる

  • たったこれだけ!わたしがアクセス数を2倍にした10個の方法
  • 月間100万PVのアクセス解析を大公開!
  • タイトルタグを30文字以内にしただけでアクセス数が1.5倍になったわけ。
  • ブログ記事100記事を書いてみた感想とこれからの抱負

書籍のタイトルやキャッチコピーとかもそうですが、数字をいれるだけで抽象的な表現から具体的な内容に落とし込むことができます。

数字があると興味をそそられてクリックされる可能性がグッと上がります。

 

多少の煽りを入れてみる

  • まだ〇〇してないの?
  • 知らないと損してるけど大丈夫?
  • これでダメならあきらめろ!

など、多少の煽り言葉を使ってみてはいかがでしょうか?

過剰な煽り言葉やページの内容に関係ない言葉などは使うべきではありませんが、同じようなSEOタイトルが並ぶ検索結果の中で煽り文句があると、まわりと差別化できてクリック数が上がるかもしれません。

トカッチ(夫)
トカッチ(夫)
必要に応じて使ってみましょう!

 

まとめ

冒頭で申し上げた通り、ブログ記事を書くにあたってタイトルタグはSEO対策で最も重要視されていると言われている項目です。なのでタイトルタグはよく考えて落とし込むべきだとわたしは思います。

  • SEOキーワードを必ずタイトルに入れること
  • ページの内容を端的に伝えれること
  • できる限り30文字以内で。
  • SEOキーワードは前方に持ってくる
  • 記号を使って目立たせる
  • 数字を使ってページの内容を具体的に伝える
  • 必要とあれば煽り言葉を入れてみる

などを意識してタイトルタグをつけてみてください。もし今まで何も対策をしてこなかったのであればタイトルタグを変更するだけでも劇的に変化すると思いますよ。

 

まぁなんにせよタイトルタグのSEO対策としては、

キーワードを自然に含んだ、訪問者が興味を引くタイトルにする。ということだと思います。検索順位を上げたいからと言ってキーワードを無理やり入れ込んだ不自然なタイトルにしてしまうと仮に検索上位されたとしてもクリックされることはないでしょう。

で、検索上位にいるのにも関わらずクリックされないのはGoogleからの評価も低くなります。なのであくまでユーザー目線でどのようなタイトルにするかを決めるべきですね。

興味を引くタイトルを作ることはとても大変なことですが、検索ユーザーが何を求めているのか何をすれば興味を持ってもらえるかを常に考えながらページ作りとタイトル名を決めるようにしましょう。

 

最後に

タイトルタグは1回つけて終わりではなく、修正してから2か月~3か月程度の期間を開けて検索順位を改めて確認することが大切です。自分ではベストと思っていたタイトルでも検索エンジンからの評価が低かったり、検索ユーザーからも不評だったりすることもあります。

検索結果はすぐに反映されるわけではないので難しいところですが、自分がやったことに対して必ずどうなったかを記録し検証することが大事です。

 

トカッチ(夫)
トカッチ(夫)
やりっぱなしは良くないですよ!

 

Googleサーチコンソールや検索順位確認ツールなどを使って、タイトルタグを修正してどのような変化が上がるかを確認する癖をつけてくださいね。

 

タイトルタグの変更はそんなに時間がかかることではありません。が、とても大事かつ重要なものなので頻繁にタイトルを変えることは良くないかもしれません。

なのでじっくりと時間をかけてその時の自分がベストと思うタイトルをつけるようにしてください。決して妥協したタイトルをつけてはいけませんよ。

 

トカッチでした!

 

ABOUT ME
トカッチ
サラリーマンをしながらフリーランスWEBディレクターとしても活動中。10年以上ホームページ制作の仕事に関わった経験を生かしてホームページ制作や運用更新、SEO対策についてのアドバイスや注意点などを執筆しています。
ホームページ運営やブログ運営に関する悩みや相談も受け付けていますのでコメント欄やメールフォーム等でお気軽にご連絡ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です