wordpressの常時SSL化。htaccessを編集してhttpからhttpsにリダイレクト

httpからhttpsにすることはweb管理者にとって常識となりつつありますね。最初は「常時SSL化なんてしなくてもいい!」なんて思っていた方も続々と変更し、今では常時SSL化していないwebサイトのほうが少なくなってきたイメージがあります。

ほんとに常時SSLのサイト増えましたよね。

 

Googleの検索エンジンは常時SSL(https)してないwebサイトは検索順位が上がりにくいなんてことも言っているので、常時SSL(https)に出来ることならしておきたいですね!

 

が。

 

ここまで常時SSLがweb運営にとって常識となりつつ今日であるにも関わらず、WEBサイトを立ち上げた初期設置では常時SSLしてないんですよね。webサイトを立ち上げるたびに常時SSLの設定をしないといけないのが面倒です。

わたしも自分のサイトやフリーで請け負ったクライアント様のホームページを立ち上げるたびに常時SSLの設定をしているのですが、そのたびに調べて実行しているので、自分の備忘録がてら記録に残しておきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。

.htaccessを書き換える

httpからhttpsに書き換えるのはサーバー側の設定で終わらせることができるのですが、おそらく設定をしたままで終わりではありません。

このブログで利用しているxserverでもhttpsの設定をしただけでは、http://ggu.jpにアクセスしたときに、http://ggu.jpで表示されます。

これを、http://ggu.jpにアクセスしたときにhttps://ggu.jpにリダイレクトするようにしていきます。この設定をしないとGoogleの検索エンジンから重複コンテンツとして認識されてしまう可能性もありますし、同じページがweb上に存在していることになるのでページの評価も分かれてしまって意味がありません。

そんな自動転送(リダイレクト)をするために.htaccessを編集していきましょう。

 

リダイレクト処理追加前の.htaccess

上記のコードはxserverで、wordpressを設置している初期設定のhtaccessのコードになります。

 

上記のコードにリダイレクト用のコードを追加します。

 

で、完成したコードはコチラ

 

これで、http://xxxx にアクセスすると、自動的にhttps://xxx にリダイレクトされるようになります。

 

間違えやすいポイント

基本的に上記のコードをコピペすれば問題なく設定できると思いますが、間違えやすいポイントが1つだけあります。

 

ちょっとわかりにくいのですが、 BEGIN WordPressの後ろにhttpsリダイレクトのコードを書くとトップページだけは転送されるけど、下層ページは自動転送されないようになります。トップページは自動転送されるので大丈夫と安心する人が多いですが、下層ページも同様に自動転送されないと効果がないので注意が必要です。

 

まとめ

今ではweb標準仕様となっているwebサイトのhttps化。このブログで使用しているxserverのレンタルサーバーでも無料でhttpsにすることができますし、激安で有名なロリポップのレンタルサーバーでも無料でhttpsにすることができます。

一部レンタルサーバーはhttpsにするのに費用が掛かるみたいですが、今お使いのレンタルサーバーが無料でできるならしたほうが良いですね。検索順位も上がるかもしれないし、訪問者にとっても安心感を与えることができるかもしれません。

 

httpsにするには手間ですが、十分にやる価値がある作業だと思いますよ!

まだの人はぜひお試しくださいね!

 

トカッチでした!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP