wordpressのユーザー情報で改行タグが反映されないを解決。

[chat face=”sh-egao.png” name=”シオリ(嫁)” align=”left” border=”red” bg=”red”] ブログ記事って誰が書いたのか気になるよね [/chat]

[chat face=”wanpoint.png” name=”トカッチ(夫)” align=”left” border=”blue” bg=”blue”] そうだね。だからページ下部にプロフィール情報を表示するのはとても効果があることなんだよ。 [/chat]

 

こんにちは、フリーランスWEBディレクターの夫婦ブロガートカッチです。

 

wordpressをはじめとするブログでよく見かけるページ下部に表示されるプロフィール情報の編集方法を書いていきたいと思います。

  • ページの任意の場所にプロフィール情報を表示させたい
  • プロフィール情報を編集したいが改行タグが反映されない。
  • 改行タグを反映させて見栄えを良くしたい

などを解決できたらと思います。

 

ページ下部にプロフィール情報を載せることは「誰が書いているのか」をわかりやすく見せることができるのでなるべくなら表示させておきたい項目の1つです。特にこの夫婦ブログみたいに1つのwordpressにわたしとシオリ(嫁)の複数人が書いているのであれば、誰が書いているのか訪問者にわかりやすく伝える必要があるんですよね。

もちろん1人で運営されている方も「誰が書いているのか」を明確にするためにも表示させるようにしましょう!

wordpressページ情報の場所

まず最初にプロフィール情報を表示させる場所はどこなのかをお伝えします。

 

wordperss管理画面の左メニュー「ユーザー」から「ユーザー一覧」をクリック。

 

 

編集したいユーザー名をクリック

 

 

少しスクロールして「プロフィール情報」に表示したいプロフィール情報を入力することができます。

が。

初期設定だと改行タグが無視されるのでbrタグを記入しても改行されることはありません。文章が長い場合は改行しないと読みにくいですよね。

ってことでこの改行タグが無視されるのを改善していきましょう。

 

 

ユーザー情報をページに反映させる方法

まず最初にユーザー情報を任意のページ、場所に表示させるようにしましょう。

wordpressでユーザー情報を該当ページに表示させたい場合は上記コードを表示させたい場所に書くだけでOKです。プロフィール情報はブログ文章の1番下に書く人が多いですが、1番上に表示させるケースも見かけます。

 

[chat face=”wanpoint2.png” name=”トカッチ(夫)” align=”left” border=”blue” bg=”blue”] 記載する場所はどこでもOKですよ [/chat]

 

function.phpにコードをかけば解決

 

function.phpに上記コードを書けばOKです。

記入する場所はfunction.phpのどこでもいいのですが、わたしは新しいコードは1番下の場所に記入するようにしています。

■表示例

 

 

function.phpで表示させた後、改めてユーザー情報にbrタグを記載して保存し、見てみると改行できているのがわかります。

たった1つの改行で文章が読みやすくなるので必要に応じてfunction.phpにコードを入力して改行タグを反映させるように調整してみましょう。

 

[chat face=”wanpoint1.png” name=”トカッチ(夫)” align=”left” border=”blue” bg=”blue”] HTMLタグが使えるとデザインや表現の幅が広がりますよね [/chat]

 

 

最後に

わたし個人的には読んだブログ記事は誰が書いているのかを知りたいと思っているので、可能であればプロフィール情報は記載したほうが良いと思っています。

ブログ記事を読み終わった後にプロフィール情報があればついつい見ちゃいますので伝えたい情報を書くとより効果的かもしれません。改行タグ1つ使えることによって可読性が上がるので読みやすくなるのでおすすめですよ。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

トカッチでした!

 

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP